経営者検定試験の概要

概 要

経営者検定試験とは

このような方や企業が受験されています。

大中小企業の経営者・社員・後継者、大学生、就職活動中の方、起業志願者など
様々な環境で、個々の目的に合わせこの「経営者検定試験」を活用していただいています。

向上志向の経営者
企業の未来を見据えた経営者
出生よくのあるビジネスマン
キャリアを目指す大学生
起業を目指している方
転職・再就職をお考えの方

ページトップへ

目的と活動内容

目的

元経団連事務総長三好正也が理事長の、一般財団法人経営者育成協会主催の「経営者検定試験」(年2回実施)。
“企業幹部養成”・“後継者育成”・“起業家の学習”・“若手、学生等のスキルアップ”等の素材として認知頂き、上場会社幹部クラスの方を始め、多くの方々に受験頂いております。
受験用テキスト(日本法令出版)は18年間赤字であった長崎ハウステンボスを1年で黒字化したエイチ・アイ・エス澤田 秀雄会長から「経営の辞書として是非手元に1冊!」とお誉めを頂いております。
試験合格は勿論「経営について、具体的事例を通じ、一通り学習する!」ことに主眼を置いたこの試験、関係者一同皆様の果敢なチャレンジをお待ちしております。

活動内容の詳細
企業向け・個人向けに様々な育成活動を行っています。>>> 
ページトップへ

資格取得後の利点

資格取得後のメリット

資格取得までの流れ

準備のタイミングは“思い立ったらすぐ行動”が目標を達成するカギです。
1.テキスト等、教材の準備
2.試験勉強 ※自己学習は無理なく効率の良い計画を立て持続することが大切です。
3.受験申込み
4.受験(一次試験・二次試験)
5.合格・認定手続き
6.認定経営スペシャリストの資格取得